看護師転職サイトまとめ!求人情報・口コミを比較【最新ランキング】

看護師転職の際に退職理由どう伝える?【円満退職するコツは?】

どんな時でも、角の立たない退職理由というのは難しいものです。

111

例えば、キャリアアップのために現在務めている職場を辞めるという場合には、転職先には正直に「キャリアアップ」と言うことができても、就業中の職場には本当の理由を言うことはなかなか難しいでしょう。

「ウチの会社の仕事内容に満足できないのか」ということになってしまうからです。

日本には昔から「本音と建前」という言葉があります。本音の部分は、言わなくても大体悟られてしまうものなので、その上で相手の心証を害さないような退職理由を作る必要があります。

もちろん、「一身上の都合」だけで押し切るという手もありますが、それでは納得されないこともあるでしょう。

また、転職の理由が人間関係であることは、看護師の業界に限らず多いと思います。ですが、なるべくこのことを口にだすのは避けたほうがよさそうです。退職理由を人間関係とする際には、多くの場合退職する人が悪いことになってしまうからです。

まさに「憎まれっ子世にはばかる」で、問題のある人のほうが結局は長く居座ることが多いようですね。

そこで、転職しようとする看護師にとって一番良い退職理由は「新しいことに挑戦したい」です。このようなポジティブな理由には、相手も突っ込みづらいものです。

ですが、相手が詳しい内容まで聞いてきた場合を踏まえ、理由の中身についてもしっかりしておきましょう。「ここにはない科があり、そこで新しいことに挑戦したい」などが良いと思いますよ。

↓応援クリックよろしくお願いします!

トップページ > 退職理由 > 看護師転職の際に退職理由どう伝える?【円満退職するコツは?】

関連記事

  1. 退職理由の伝え方は?看護師の転職【そう簡単に退職できない?】
  2. 看護師の転職理由が給料アップでもOK?【現在の年収にお悩みの方必見!】
  3. 看護師転職のきっかけは人間関係?退職理由を調査【転職経験者の口コミ】
  4. 看護師転職の理由を聞かれたら?面接でよく聞かれる質問【失敗例とは?】