看護師転職サイトまとめ!求人情報・口コミを比較【最新ランキング】

看護師の平均年収は?民間・公立・国立病院を比較【給料どう?】

民間病院の年収はどのくらい?

看護師が転職を希望する大きな理由の1つに、給料の問題があります。

看護師は人の命を預かる志が高い人が行なう仕事ですが、やはり看護師を目指す時に気になるのが看護師の年収です。

206

看護師も家族を持って生活するためには、しっかりとした給料をもらわなければ生活していけませんよね。

最近では男性看護師も増えていますが、やはり今でも女性の数が圧倒的に多く、女性の仕事と言ってもいいと思います。その中でも看護師の年収はとても高いのですが、仕事内容としてはとても過酷なので、年収が高いのは当然でもあると言えるのではないでしょうか。

ですが、看護師の仕事もいろいろあって、勤める病院によっても仕事内容や年収も違ってきます。

ひとことに病院といっても、民間病院、公立病院、国立病院などに分かれています。特に民間の病院は診療科目が1つの小さな個人病院から、個人病院でも総合診療科を持っている大病院まで様々で、それによって看護師の年収は大きく違ってきます。

やはり平均的にみると、民間の看護師の年収は公立病院や国立病院よりは低くなります。

看護師全体の平均的な年収は約500万円とも言われていますが、民間病院ではそれほどの年収を稼げないのが現実で、その大きな理由は「民間病院では夜勤や残業がないところが多い」というのが理由です。

看護師の給料は、公立卒や大学卒でもせいぜい30万円ももらえればいい方なんですが、やはり夜勤や残業があれば給料に相当プラスした年収を稼ぐことが出来るというわけです。

ただし、これはあくまでも平均的な話なので、民間の病院でも公立や大学病院以上に年収の高いところはいくらでもあります。なので、看護師で転職をする時には十分に調査してから行なうことをおすすめします。

公立病院の年収はどのくらい?

看護師の転職で気になる大きな要素の一つに、年収があります。

どうせ転職するのであれば、出来るだけ年収が高いところに行きたいと考えるのは誰もが思うことです。

206-2

それに加えて看護師のスキルを高めたい人達にとっては、公立や国立病院などで総合的な知識と技術を高めたいと思っている人が多いようですね。看護師が転職をする理由のほとんどは、年収を上げるためとスキルアップすることだからなんです。

さて、平成17年の調査によると、全体の看護師の平均年収は約525万円となっています。

看護師は今でも女性がほとんどで、女性の職場としては非常に高い年収があり、中小企業で働く男性の年収よりも相当高い年収なので羨ましいと思う人も多いと思います。

ですが、看護師の仕事内容をみてみると誰もが納得するほど大変なので、これは納得のいく数字だと思います。

さらに、この年収の数字には賞与や時間外手当や通勤手当など、全ての支給額が含まれていて、ここから税金が引かれて支払われます。

また、公立や国立病院で働く看護師は、1ヶ月に8回以上の夜勤をこなして、残業時間も13時間以上で、なおかつ常に頭を使って動き回らなければいけないという仕事内容からすれば、その年収はもっともらってもいいくらいではないでしょうか。

ちなみに病院別に年収を比較してみると、公立病院の看護師の平均年収は591万円で、その次が国立病院で549万円となっています。

このように、公立病院の特徴は年収が高いことが挙げられているので、看護師の転職の際には公立病院を探してみるのもいいと思いますよ。

国立病院の年収はどのくらい?

看護師の転職で人気があるのが国立病院です。

その理由というのは、国立病院の看護師の平均年収は民間病院の平均年収よりも高いことと、国立病院で働く看護師は、厚生労働省管轄の独立行政法人国立病院機構に属する国家公務員ということになるからです。

206-3

その国立病院機構とは、全国に144ある国立病院を1つの組織として運営して、医療、臨床研究、医療従事者の養成を行っている日本最大の病院グループです。

このことから、国立病院の看護師は国家公務員のために基本給などの給与体制が確立されていて、複利厚生も充実しているんですね。

そして、国立病院の看護師は、勤続年数や経験年数が増えていけば、それと同時に基本給も上っていく仕組みで、民間の病院の看護師と比べても年数が経てばどんどんその差が離れていきます。

さて、看護師の転職で気になる国立看護師の年収ですが、月給は平均で約26万円~30万円ほどになっています。

それにプラスして賞与が年間で4ヶ月強、その他にも地域手当、住居手当、勤務手当、夜間看護等手当、超過勤務手当、専門看護手当などの手当てが付くのが、国立病院の看護師の年収を上げている特徴でもありますね。

その平均年収は約530万円とされていて、さらには手当だけではなく複利厚生の充実も国立病院で働く看護師のメリットです。大事な年金は、国家公務員の共済年金になるので老後も安泰ですね。

それから、キャリアを積んだ看護師となると、看護師長クラスでは約800万円弱、看護部長ともなれば約1000万円弱の高額所得者もいるほどです。国立病院は高収入なので、求人があれば一度チェックしてみることをおすすめします。

トップページ > 年収 > 看護師の平均年収は?民間・公立・国立病院を比較【給料どう?】

トラックバックURL

http://www.kangoshi-tensyoku-matome.com/%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e5%b8%ab%e5%b9%b4%e5%8f%8e%e5%b9%b3%e5%9d%87/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)