看護師転職サイトまとめ!求人情報・口コミを比較【最新ランキング】

看護師転職時に人材バンクへの登録必要?【口コミ&メリットは?】

転職するなら看護師の人材バンクに登録した方がいい?

看護師で転職を考えている人の中には、人材バンクなどに登録して求人探しをしている人が多くいます。

88

人材バンクといっても看護協会が運営しているものや、最近では多くの看護師の求人を扱っているサイトなどがあります。

看護協会が運営しているものが代表的ですが、こちらには求人が豊富にあるので登録をしておくことをおすすめします。

求人は公開されているものだけではなく、非公開の求人などもあったりするため選択肢も広く、また様々な転職に関する相談にも乗ってもらえるというのも特徴です。

また、働きながら仕事を探すというのは時間や体力にも限りがあり大変なことです。

少しでも効率よく仕事を探したり、また少しでも良い条件の職場を探すのであれば、こういった人材バンクを利用して情報収集をしたほうがいいでしょう。

また、一般のサイトの人材バンクなどを使って就職を探す場合、そのサイトの口コミなどもよく参考にしておいたほうがいいでしょう。求人数が多いか、またはサイトの運営者の対応などいろいろと考慮して、サイトを吟味してから登録するほうがいいでしょう。

ちなみに、人材バンクへの登録は通常は無料になっているのが一般的です。看護師専門の人材バンクは自宅や外出先からインターネットで求人を検索できたりするので、効率よく仕事を探せるということでとてもおすすめです。

また、人材バンクは看護職に特化しているので、他では見つけることが出来ない求人なども見つけることが出来るのでおすすめです。

人材バンクに登録するメリットは?

人材バンクに登録するメリットはたくさんあります。手短にまとめてみると、このようなメリットがあります。

205

「人材バンクに登録した本人は実際には忙しい生活をしているとしても、人材バンクに登録したことで自分の就きたい職場を探してもらうことができる。」「人材バンクはさまざまな情報を持っているので、登録者自身があれこれと情報を集める必要も無く、時間を短縮する助けになる。」「人材バンクが、面接の日時などを快く調整してくれるので便利。」

これだけメリットがあるので、転職を考えているけど少し不安を抱えているというような場合でも、頼りにすることが出来ると思います。

看護師の中には、転職を考えている人が多いようです。そのため、人材バンクに登録する人の中には現役看護師も少なくないようです。

もし、人材バンクを通さずに自分ひとりの力で看護師の転職先を探そうとすれば、まず募集を探す必要があります。

そして、手当たり次第医療機関に電話をかけたりして、自分ひとりでなにもかも手配しなければなりません。

そのような手間を省くには、人材バンクに依頼することが賢明な方法だと言えるのではないでしょうか。人材バンクはその道のプロなので、提示した条件に沿う内容の仕事を紹介してくれます。

人材バンクを利用する人の中には、看護師などの転職の他にも、今まで育児休暇をとっていた人の中でまた仕事を再開しようと考えている人も含まれているようです。ブランクがある看護師の求人探しも、人材バンクでは可能なんです。

看護師の仕事は誰もができるような仕事ではないので、その分需要も高いようです。人材バンクも複数のものを利用してみて、情報を比較検討してみると良いかもしれませんね。

どのくらいの期間働こうと思っているのか、どの時間帯を希望しているのかも、あらかじめ人材バンクに伝えておくとスムーズに求人探しが出来るのでおすすめします。

人材バンクに登録するデメリットは?

人材バンクに登録することのメリットは多いですが、少なからずデメリットもあるのでご紹介します。

まず、人材バンクに登録することへのデメリットは、早く決めるようにとの圧力があることです。

看護師の中には、転職するために人材バンクに登録する人も少なくないですよね。もちろん人材バンクは、真剣にお仕事を紹介してくれるとのことですが、焦らされてはじっくりと探すことができないかもしれません。

205-2

転職の際には、以前の職場で経験したことも踏まえて、給料のことや勤務時間、また職場の雰囲気、自宅から職場までの距離など、さまざまな点にこだわりがあるかもしれません。

そのような時に、せかされたりして時間をかけて選べないとなると、なかなか納得のいく職場が見つからないかもしれません。

仕事がスムーズに見つかるのは誰もが願うことですが、思い通りに行かなかった時に、人材バンクのような転職支援サービスの存在がありがたい場合もあれば、逆のこともあり得るようです。

その人材バンクの人々は、けっして圧力をかけるつもりはないにしても、実際彼らは自分たちの紹介したお仕事に無事に就業してもらうことが成果とみなされるようです。

なので、そのような成果しか考えていないようなスタッフは、転職を考えている人の側に立って落ち着いて考えることが難しくなっているのかもしれませんね。

ということで、求人を探す際には、人材バンクのスタッフにすべて依存するのはあまりおすすめできません。情報は参考にしても良いですが実際に決めるのは自分です。いつ就職を決めるかも、自分の状況次第と割り切って考えてみると良いと思います。

実際、病院側がどのような看護師を募集しているのかという点を確認するのも大切です。例えば、看護師としての経験は何年くらいのスタッフを募集しているのか、といった点などですね。

「その病院にベテランのスタッフはいるかどうか。」「病院の施設について」「残業の有無」など、探す側もこのような点に留意してみて下さい。

慎重に選べば、自分に合った理想の職場が見つかると思いますよ。

人材バンクに登録したら担当者からの連絡は多い?

看護師の転職で人材バンクに登録した場合、担当者から仕事中などに連絡があったりしないかということや、どういう感じで連絡体制を取っているのかということが気になりますよね。

多くの場合は、担当者とのやり取りは電話になります。

205-3

電話だとなかなか出られなかったり、ゆっくり話せなかったりなどといったことになってしまうこともありますが、事前に担当者に自分の都合のいい時間帯を伝えておくと良いですね。

また、留守番電話にメッセージを残してもらって自分からかけ直すといった方法など、工夫をすることも大切です。

あとは、メールでのやり取りをお願いするなど、登録する時にその連絡方法についてきちんと話し合っておくことで、連絡が行き違いになってイライラしてしまうといったトラ ブルを防ぐことが出来ます。

看護師の仕事は不規則で忙しいため、連絡はなかなか難しいものですよね。ですが、少し工夫することによってスムーズに連絡が出来るようになるので、最初にきちんと担当者と連絡に関するルール作りをしておくことも大切です。

担当者とも良い関係を築いておくことが転職を成功させる鍵になります。

こちらも電話などの着信があれば、早いうちに電話をかけ直したりまめに連絡するなどしておくと、担当者の人も職場が紹介しやすかったり、仕事を真剣に探していることが伝わって、いろいろ有利な情報を得ることが出来たりなどメリットも多いです。

担当者との連絡は大切にしておきましょう。

人材バンクに登録したら絶対転職しないといけない?

看護師の転職で人材バンクなどに登録した場合、いろいろと戸惑うことも多いですよね。多くの人は、在職中から登録をしておいて就職の情報を集めていることが多いので、なおさらだと思います。

もちろん、登録しておくことで人材バンク側から病院などを紹介してもらえますが、もしその病院があまり興味のない病院だった場合、どうすればいいのかということが気になりますよね。

205-4

たとえば、もし紹介してもらった病院があまり希望しているようなところではなかったなどの場合は、はっきりと断ってもかまいません。なにも登録したからといって、必ず人材バンクの紹介した病院へ転職しなければいけないということはないんです。

なにかの時のために登録だけしておくという人や、とりあえず登録しておいていい職場を紹介してもらえたら考えるという人もいたりします。登録している人は、なにも今すぐに仕事を探している人ばかりとは限りませんよね。

それに、人材バンクもそういった人でも登録できるようなシステムになっているんです。そのために、人材バンクにはサポートがあるので、きちんと自分の意思を伝えたり相談したりして、自分の条件に合う職場を探してもらえるようにすると良いですね。

もし、何度も断ったとしてもそれはそれで構わないことです。気にしないようにしましょう。

また、人材バンクでは職場に登録したことがバレないかと心配する人もいるかもしれませんが、求職者などの個人情報についてはきちんと漏れないように万全の体制を取っているので、そのような心配は一切する必要がないのでご安心を。

それぞれの人が看護師として納得の行く転職が出来るように、サポートする役割をしているのが人材バンクなんです。

人材バンクに登録しているけど自分で転職先を探してもいいの?

せっかく求人を紹介してくれたからといって、人材バンクの担当者に気を遣いすぎて、実際はそれほど気に入っていないような職場に妥協するようなことはおすすめできません。

人材バンクに登録しながら自分で転職先を探すことを、なんら後ろめたく思う必要はないですよ。

205-5

ただ、転職先を自分で探す時に、自分がどのような状況下にあるかによって求人探しが容易な場合もあれば、求人探しが難しく思えることもあると思います。

特に、看護師などの特別なスキルを生かして転職したいという場合には、自分で探し当てるのが大変なことがあるようですね。

今まだ仕事をしながら転職先を探しているような忙しい人であれば、なおさら人材バンクにいろいろと調整してもらう方が助かる場合もあるかもしれません。また、転職をしたいという気持ちがあっても、状況が変わることもあるかもしれませんよね。

そんな可能性も考えて、自分で求人探しをする場合には、一般的な人材派遣会社の中でも看護師を募集している場合があるようなので、人材バンクや人材派遣などのお仕事紹介業者を数社当たってみるのも良いですね。

その際、今までに看護師としての実務経験を何年くらい経験してきたのか、資格は有していても経験はあまりないのかといった事柄も、病院側は気にすることです。

ですが、いずれにしても看護師というのはとても栄誉のあるお仕事だと言われています。医療現場で活躍する職種なので、この資格を有している人の就業先というのは、一般の職種と比べると恵まれているということが言えます。

医療スタッフとして働く喜び、また困難なこともひっくるめてハイレベルな資格を有した人々は、高収入で労働できる場合が多いようです。

ただし、就業先の職場、病院、心療科目によっては、夜勤が必要とされることもあるようです。夜勤の勤務は、体にも影響を及ぼすということで、求人を断るという人もいるかもしれません。

そのような無理な要素はお断りできるかといった事柄も、事前に面接時に伝えておきましょう。そうすることで、自分にとってベストな求人が見つけやすくなりますよ。

トップページ > 求人の探し方 > 看護師転職時に人材バンクへの登録必要?【口コミ&メリットは?】

関連記事

  1. 看護師は転職エージェント利用した方がいい?【口コミ評判調査】
  2. 失敗しない転職先の選び方は?看護師転職【求人探しの悩み解決】
  3. 看護師で転職先に合う条件がない時は?【失敗しない求人探し】
  4. 看護師として楽な職場は?失敗しない転職【求人探しのコツは?】
  5. 海外勤務の経験あると看護師転職で有利?【求人探しのコツ公開】
  6. ブランクあっても転職可能?看護師の不安解決【求人見つかる?】
  7. 設備の整った病院で働ける?看護師の転職【求人の探し方は?】
  8. 看護師は目的なく転職するのってあり?【失敗しない求人の探し方】
  9. 看護師求人じっくり選ぶなら?【失敗しない転職先探しのコツ解説】
  10. 看護師転職で内定辞退はあり?【内定後に断る際の注意点とは?】

トラックバックURL

http://www.kangoshi-tensyoku-matome.com/%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e5%b8%ab%e4%ba%ba%e6%9d%90%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%af%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f/trackback/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)