看護師転職サイトまとめ!求人情報・口コミを比較【最新ランキング】

ブランクあっても転職可能?看護師の不安解決【求人見つかる?】

結婚や出産、育児等をきっかけに長期間看護師として働いていなかった人は、一般的に「ブランクあり」の人と呼ばれたりします。

175

そんなブランクありの人の転職難易度はどの程度なのでしょうか。

そもそも看護師という呼び名は2002年3月から変更されたもので、周知のとおり元々「看護婦」と呼ばれていた職業です。

それが、法律の変更に伴って「看護師」と呼ばれるようになったんですね。

よって、当然この職業の男女比率は女性のほうが多くなっています。現在ではだいたい3対7ぐらいの比率だそうです。思わぬ男性比率の高さにびっくりされる方もいらっしゃるかもしれませんが、現代ではこのぐらいの数字となっています。

看護師に女性が多い、とはどういうことを意味するかというと、子育てや結婚による休職、退職が多いということを意味します。よって、当然「ブランクのある」看護師経験者が多数存在することになります。

ですが、規制緩和によって正規の職員として雇う比率が低くなった現場では、こうした「ブランクあり」の人たちを派遣やパートとして雇い入れていく流れができてきました。

医療機関にとっては安価に、しかも穴の開いたところにスポット的に人材を配置することができるし、求職者や転職者にしてみれば、ブランクがあるにもかかわらず働かせてもらえるということもあり、まさにwin-winの関係となります。

ですから、看護師としてブランクがあるからと言っても、それが転職にとって不利になるということは現状ではあまりありません。

多様な働き方のスタイルが許されるようになり、求人もまた多様化しているということが言えますね。

↓応援クリックよろしくお願いします!

トップページ > 求人の探し方 > ブランクあっても転職可能?看護師の不安解決【求人見つかる?】

関連記事

  1. 看護師は転職エージェント利用した方がいい?【口コミ評判調査】
  2. 看護師転職時に人材バンクへの登録必要?【口コミ&メリットは?】
  3. 失敗しない転職先の選び方は?看護師転職【求人探しの悩み解決】
  4. 看護師で転職先に合う条件がない時は?【失敗しない求人探し】
  5. 看護師として楽な職場は?失敗しない転職【求人探しのコツは?】
  6. 海外勤務の経験あると看護師転職で有利?【求人探しのコツ公開】
  7. 設備の整った病院で働ける?看護師の転職【求人の探し方は?】
  8. 看護師は目的なく転職するのってあり?【失敗しない求人の探し方】
  9. 看護師求人じっくり選ぶなら?【失敗しない転職先探しのコツ解説】
  10. 看護師転職で内定辞退はあり?【内定後に断る際の注意点とは?】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)